マイクロフライトとは

マイクロフライトは、超軽量でエンジンのついた航空機(超軽量動力機)で、国によって「ウルトラライトプレーン」や「マイクロライトプレーン」などと呼び名や分類などが若干違うが、日本では『超軽量動力機』と呼ばれ、航空法上の許可のもと、主にレジャーを目的としたスカイスポーツの一つです。

舵面操縦型

昇降舵、方向舵、補助翼の3舵により期待をコントロールするタイプで飛行機らしい操縦を味わえる。

weight shift(ウェイトシフト)型

トライクと呼ばれるハンググライダーにエンジンが付いたもの。よりスポーティで空飛ぶバイクのような感覚が味わえる。

ライセンス取得からソロフライトまで

足利マイクロフライトでは体験フライトからソロフライトを目標とした操縦訓練も受けられます。経験豊富なベテランの指導員のもとでライセンスを取得できれば、渡良瀬遊水地だけでなく、世界各国でもフライトが可能になります。訓練についての日数や費用、詳細についてはお問い合わせください。ご興味がある方は、まず体験フライトで実際に体感していただくことをおすすめします。